【危険!】ビートパルプが入っていないドックフードを選ぶ理由とは?


安全なドッグフードの選び方のポイントは
何種類かあります。

その中でも、ビートパルプが入っていないフードを
選ぶ事も非常に重要ですよ!

ビートパルプとは?

そもそも、ビートパルプって何なんでしょう?

英語では、「Beet Pulp」と書きます。

このビートは大根でパルプは繊維の意味です。
すなわち、ビートパルプとは甜菜砂糖大根から糖分を
絞りだした後に残る繊維質の事です。

要は、栄養を取った後のカスと言うことになりますね。

栄養がない物を食べても何の得もありません。

では、なぜビートパルプをドッグフードに入れるのか?
これは、非常に簡単。安いフードを作るための増量材になるから。

それ以外に、ドッグフードにビートパルプを入れる理由はありません。

人間用にもビートパルプってあります。

人間用のビートパルプは豊富な食物繊維が含まれていて
体によい材料のものもあるようです。

 

植物繊維配合の表記に注意!

ビートパルプが入っているフードでは、「植物繊維配合」と
書いてある物もあります。

これは注意です。ビートパルプは便秘になりやすくなります。
繊維が入っているから胃腸に良い!ってわけではないんですね。

また、原料表記に「植物繊維」とアバウトな表記の
場合も要注意です。

このビートパルプの中には

  • 古新聞
  • ボール紙
  • おがくず

などが使われているものもあるようです。

これって怖くないですか?

 

また、ドッグフードに使われているビートパルプは、
硫酸系の薬剤を使用して溶かして抽出されているものがあります。

この薬剤が曲者で、ワンちゃんの便秘や胃腸障害を引き起こします。
害ばかりで良いことは一つもないですよね。

 

まとめ

調べれば調べるだけ怖いのがビートパルプ。

こんなのは言ってるフードは与えたくないですよね。

ドッグフードの原材料に「ビートパルプ」が書かれていたら要注意!!

まずはこれを覚えておいてくださいね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA