ドッグフードのリパック品っていったい何?


1791395eb3a67b2f72ab9ac0aabac559_s

ドッグフードに「リパック品」と書いてあった商品を見ました。

一体、リパック品って何??

ということで、ドッグフードのリパック品について調べてみました。

 

 



ドッグフードのリパック品

このドッグフードのリパック品とは、大きな袋に入っていたドッグフードを小さなパックに詰め替えをしたもののことのようです。

なぜこのようなことをするのか?と言うと、外国産のドッグフードの場合、1袋がかなり大きな袋に詰めて販売されている場合が多いんです。やっぱり、外国の物は大きい物が多いですね(笑)当然、外国との環境の違いがあります。日本では、犬を飼うといったも、1頭のワンちゃんを飼ってる家庭が多いですが、外国では敷地も広いこともあり、何頭ものワンちゃんを飼うことも珍しくないんです。だから、外国産のフードは大きいパックのものが多いんですね。

余談ですが、コストコなんかに置いてあるビッグパックは外国の生活様式に合ったパッケージってわけですね。

日本では、そこまでの消費もないので、大きい袋に入ったドッグフードを小さいパックに小分けして販売するわけです。

 

ドッグフードのリパックで気になる事

ドッグフードのリパックで、個人的に気になるのが、一度開封していることです。ドッグフードは、開封してしまうと空気に触れてしまうので、どうしても酸化を防止することはできません。

当然、極力、酸化しないように、リパックしていると思いますが、フードの酸化は多かれ少なかれ気になってしまいますね。賞味期限に関係してきますが、パックを開けて酸化が始まってしまうと、通常に作られ、真空パックされた状態と比べると、賞味期限も短くなりそうな気がします。

 

添加剤が使われているかも?

リパックすることにより、酸化が早くなる・・・と言うことは、販売する方の立場から考えると、酸化を防止させることを考えると思います。

もしかすれば、リパックフードには、酸化防止剤が使われているかもしれません。

とくに、BHAやBHTといった酸化防止剤を使っているとワンちゃんの健康を心配してしまいます。発がん性のある酸化防止剤もあるので注意が必要です。

添加物ができるだけ入っていないフードを選んであげましょうね!

 

オススメ安心ドッグフード!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA