犬の目やには要注意!病気のサインを見逃すな!


file0002032941718

花粉や黄砂など、空気中に有害な物が飛んでいます。

私たちは、メガネをしたりマスクをしたりで防御するわけですが、

わんちゃんも実はおんなじです。

「目やにがよく出るようになった」というなら注意が必要かも?!

 

 

 

 



白っぽい目やにの場合

薄いグレーや白の目やにの場合は、基本的には心配する必要がありません。

花粉や黄砂などのゴミが眼に入ったりして、目の縁に涙が固まってるような

イメージですね。脂質やタンパク質が混ざった分泌物の場合もあります。

治療の必要はあまりない場合が多いです。

放っておかず、優しく拭き取ってあげましょう。

 

 

黒っぽい目やにの場合

黒や茶色の目やには、基本的には心配する必要はありません。

上記と同様、自然と分泌される涙に、老廃物や汚れなどが混ざって、

黒や茶色になります。

放っておくと涙やけの原因になるので、こまめに拭きとりましょう。

 

 

黄色や緑色の目やに

黄色や緑色の目やには要注意!

病気の可能性が高くなります。

黄色や緑色の目やにが出る原因としては、菌が繁殖してしまったり、

結膜炎や緑内障など、目の病気の場合に出ます。

 

 

まとめ

白っぽい、黒っぽい目やにはそんなに心配いりません。

ただ、継続して目やにが出たり、粘度が高い目やにが出た場合は

早めに動物病院へ連れて行きましょう。

 

また、黄色っぽい、緑っぽい目やには病気の可能性が

非常に高いのですぐに病院へ行きましょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA