ドッグフードは添加物不使用のものを与えましょう!

お店に行くと、本当にたくさんのドッグフードが販売されています。

フード選びも大変ですが、添加物を使ってないフードを選んでください。

なぜ無添加がいいかといいますと・・・

“ドッグフードは添加物不使用のものを与えましょう!”の続きを読む

犬に合うドッグフードってどんなフードなんでしょう?

ワンちゃんに合うドッグフードって、どんなものだと思いますか?

基本的にワンちゃんは人間とほぼ同じものを食べることができます。
だからといって、私たちが食べる食事をそのまま上げるのはよくありません。
犬にとって一番大事な栄養素はタンパク質。
タンパク質の中でも、重要なのが、動物性タンパク質です。
お肉を中心にタンパク質を摂取指せてあげることが大切なんです。

低価格のドッグフードは、穀物でたんぱく質を
増やしているようにしているフードも多いです。

でも、植物性タンパク質は、ワンちゃんには不向き。

犬の消化器官は植物性タンパク質の分解が苦手なんです。

“犬に合うドッグフードってどんなフードなんでしょう?”の続きを読む

愛犬のドッグフードの選び方!無添加ドッグフードをおすすめします

a0006_000128

 

愛犬のドッグフード選びに悩んでいませんか?

フードもたくさんの種類がありすぎて選ぶのに困りますよね。

まずは、無添加のドッグフードを選んであげましょう。

 

 

 



ドッグフードの選び方

ドッグフードを選ぶにはポイントがあります。

 

無添加ドッグフードを選ぶ

100%無添加のドッグフードを選びましょう。

人口添加物・着色料・保存料・香料などの添加物は、ワンちゃんの

体に悪影響を与える可能性が高いです。

できるだけ、からだに危険な添加物が含まれていないドッグフードを

選んであげましょう。

 

穀類不使用(グレインフリー)

ワンちゃんは、穀物の消化がとっても苦手です。

トウモロコシや小麦は、消化がしにくいため、アレルギー反応を起こしたり、

皮膚炎、目やになど体調不良を招きます。

グレインフリー(穀物不使用)のドッグフードを選びましょう。

 

お肉たっぷりフードがオススメ

ワンちゃんは、肉食動物なので、できるだけ新鮮なお肉がたっぷり

入ったドッグフードを選んであげることが大切です。

 

 

オススメのドッグフード!

上記のポイントに合ったオススメのドッグフードを

紹介してみます。

1.ナチュラルドッグフード

ndf11

当サイト一押しなのがこのドッグフードです。

無添加、新鮮なラム肉、ヒューマングレードなどワンちゃんの健康を第一に

考え抜いて作られているドッグフードです。

非常に安心して与えることができるフードです。

button_008

 

 

2.ネルソンズドッグフード


neruneru

イギリスのトップブリーダーが開発した

「穀物不使用」「人工添加物不使用」の安全を考慮した高品質ドッグフード。

穀物不使用なので、アレルギーのあるワンちゃんにはこちらがおすすめです。

栄養素もバランス良く配合されており、

成犬はもちろん子犬にも最適な小粒なフードです!

button_010

 

 

3.カナガンドッグフード

kanakanakan

店頭販売を一切していない通販専用ドッグフード「カナガン」です。

新鮮な鶏肉をたっぷり使用 犬が苦手な穀物は使用していません。

合成保存料や着色料も当然未使用です。

ラム肉が苦手なワンちゃんは、こちらがいいと思います。

野菜やハーブも配合されているのでヘルシーですよ。

button_009

 

 

ドッグフードの切り替えは有り?無し?

dccfe82fb0ca7a3bf438a36a249a1b8f

ドッグフードを買いに行くと、ついつい新しい物に興味が惹かれます。

でも、その都度、フードを替えるのっていいんでしょうか?

今回は、フードを頻繁に替えてもいいの?を調べてみました。

 

 



ドッグフードの切り替えはしてもいいのか?

ペットショップへ行くたびに、新しいドッグフードが発売され、

つい目移りしてしまいませんか?

私は結構目移りしてた方です・・・今は、フードの大切さを感じているので

ちょっとやそっとでは変える気はありませんが。

 

今使ってるドッグフードは?

 

毎日同じドッグフードでは飽きてしまうのでは?なんだかかわいそう?と考え、

つい購入の度に新しい製品を手にとってしまうという方も少なくはありません。

また小型犬の場合、食が細く気まぐれなので、少しでも喜んでくれる

ドッグフードを選んであげたいと思う事でしょう。

でも、これって落とし穴があるんです。

 

犬にとってのドッグフードとは?

fuudo

犬にとってのドッグフードは、

私達人間にとっての「白米」と同じと考えてあげましょう。

白米に飽きてしまう、好き嫌いがあるのであれば、

野菜やささみなどをトッピングする事で、風味を変えてあげると喜びます。

 

特に小型犬の場合、偏食、少食の傾向が強く、中には用意されたドッグフードを

一切食べないでストライキを起こす場合も少なくはありません。

でも、愛犬の好き嫌いに付き合い、食べないのであれば、別の物を用意する

というサイクルにはまってしまうと、その愛犬の生涯を通じて同じ事を

繰り替えさなければならない悪循環に陥ってしまいます。

 

切り替えのサイクルは日に日に早まり、朝夕で別の物を

用意する事が当たり前になるでしょう。

でも、これではいつか市販されているドッグフードは

全て食べつくしたということにもなってしまいます。

ドッグフードはアレルギーなどの特別な理由がない限り、

むやみに切り替えをする事のないようにしてゆきましょう。

 

愛犬には安心で安全なドッグフードをあげましょう!

 

dog6

愛犬には、安心で安全なドッグフードをあげたいですよね。

この、安心・安全なドッグフードっというと、

安全な素材と原料を使ったドッグフードと言えます。

今回は、安全で安心なドッグフードの判別方法を紹介します。

 

ドッッグフードのチェックポイント

ドッグフードをチェックする場合、

まずは原料をチェックしましょう

 

こんな、原料は注意!!

  • 「○○○ミール」
  • 「○○○肉類」
  • 「○○○副産物」

など表現をしているようなものはNG。

 

肉類って何?って感じですが・・・

そもそも、何の肉か書けないから肉類と表示してるんです。

こういった製品の中には、4Dフードと呼ばれる、

非常に粗悪で危険な肉が入ってることもあります。

 

原料表示がわかりにくい表現をしているものなどは避けましょう。

 

添加物にも注意

ドッグフードを見分ける際には、添加物にも注意しましょう。

  • 発色材や着色料・・・色をよくするために使用
  • 防腐剤・・・酸化させないために使用
  • 香料、その他、化学合成添加物

このような物が、たくさん含まれているものもNGです。

 

そもそも、色を良くするためとか、酸化させないためとか、

食べものには必要のない物をわざわざつけてるんです。

 

逆に言えば、

保存料で長期的に保存させるのは大量に物を作るから。

臭いや色をごまかさないといけないので香料や着色をつける。

だから、わざわざ、体に良くない添加物をいれるわけです。

 

また、安いフードを作るためにも添加物を使います。

激安フードは絶対手を出さないようにしましょう!

 

安全なフードを選ぶポイント。

それは、原料です。

安心できる原料を使ったドッグフードを選びましょう!
おすすめのドッグフード!