最悪なドッグフードとは?

ドッグフードには絶対に買ってはいけないものがあります。

知っていましたか?

色んな種類があって、値段もピンからキリまでありますよね。
実際どれを買えばいいかわからない!
私もそんな中の一人でした。

今回は、そんな最悪なドッグフードを買わない方法を紹介します!

“最悪なドッグフードとは?”の続きを読む

【危険!】ビートパルプが入っていないドックフードを選ぶ理由とは?

安全なドッグフードの選び方のポイントは
何種類かあります。

その中でも、ビートパルプが入っていないフードを
選ぶ事も非常に重要ですよ!

“【危険!】ビートパルプが入っていないドックフードを選ぶ理由とは?”の続きを読む

粗悪なドッグフードの影響が怖すぎ!こんなに怖いドッグフードをまだ与えることができますか?

ドッグフードにはいろんな種類があります。

メチャクチャ安いフードもありますが、これ要注意。

かなりヤバイ物が入ってるかもしれません。

 



格安フードのからくり

格安で売られているドッグフードには、それなりの理由があります。

そう、かなり危険な物が含まれてる可能性があるんです!

 

まず原材料を見てみてください。

「~類」、「~ミール」や「~副産物」とつくものが入ってませんか?

もしこのような物が入ってるフードを与えてるなら、早めに

ドッグフードの交換を考えた方がいいかもしれません。

 

なぜなら、人間が食べられない部分を使用している恐れがあるからです。

「肉」なら「肉」と書けばいいのに、「肉類」と書いているということは、

かなり危ない「肉」が使われているんです。

 

例えば、肉類には、死亡した動物の肉や骨を粉砕して

混ぜてあったりする危険性があります。

死亡した家畜や動物を使えば、業者は材料費を抑えることができます。

家畜業者も死体を売って儲けることができるので得をします。

こんなものが入ったフードを愛犬に与えたいですか?

 

香料や着色剤を使う恐ろしい理由

粗悪な材料で作ったフードは吐き気をもよおすほど異臭がします。

しかし売っているドッグフードは異臭どころかおいしい匂いがします。

これは大量の香料を使ってごまかしています。

 

さらにおいしく見せるために着色したり、

ワンちゃんの食欲をそそるように大量の油を振りかけたりするのです。

 

本当に恐ろしい売り方をしていますよね。

知らないからと言ってバカにするのもいい加減にしてほしいですね。

 

添加物も良くありません

また、ドッグフードの賞味期限をご存知でしょうか。

粗悪なドライタイプのドッグフードは1年以上もの間、

常温保存が可能と設定されています。

 

1年以上も常温に置いたまま状態が変わらない食べ物って・・・

私自身は食べたいと思いません。

それだけ多くの添加物が入ってるんでしょうね。

 

「総合栄養食」として売るためにも、たくさんの栄養素を添加します。

様々な廃棄物や残り物をかき集めて作ったフードなので、

合成の添加物以外からは栄養素が取れないのです。

 

まとめ

このように粗悪なドッグフードは、添加物と廃棄物の塊です。

こんなものを買って愛犬に与えるようなことはしたくありませんね。

ドッグフードも安全な物を選んであげないとえらいことになりそうですね。

安全なドッグフードをお探しなら。。。。

 

危険すぎるドッグフード。そのフードは大丈夫?

IMG_1442

ドッグフードにもさまざまな種類があります。

激安で売っているものから、プレミアムと呼ばれる高級フードまで。

実際、何が違うのか調べると、とんでもないことが分かりました。

 

 

 



激安ドッグフードは要注意!

foodd

スーパーやホームセンターなどにおいてある激安ドッグフード。

値段だけ見ると、非常にありがたいと思います。

しかし、それだけ安く販売できるということは、原材料もかなり安いんです。

 

その、原材料がかなり怖いんです。

問題のある原料とでもいえばいいんでしょうか?

安い原料ですから、捨てるも同然のものを使ってる物があります。

 

俗にいう4Dミートと言うものです。

 

4Dミートとは?

4Dミートとは、以下のような原料のことを言います。

  • Dead(死んだ)
  • Dying(死にかけている)
  • Disabled(障害のある)
  • Diseased(病気の)

これだけみても、良い原料でないのは確かですね・・・

嘘のような話ですが、これ事実なんです。

 

フードの裏の原料表記を見てください。

genryou

これ、とあるドッグフードの原材料です。

このフードは特に危険な感じがしますが・・・

 

まず、一番最初に「穀類」とあります。

この原材料表記は、原材料の多い順番に書くことが基本になってます。

と言うことは、「穀類」が非常に多く使用されているフードだと

想像されるんですが、「穀類」は犬にとって必要ない物。

しかも、体に負担をかけるのでアレルギーや胃腸の不調などを

引き起こす可能性が高くなります。

 

他にも、肉類(何の肉を使ってるかわからない場合の表記)

ミール、パウダー、ビートパルプなど、決してワンちゃんの体に

良いと思われない物のオンパレードです。

 

こんなものを食べさせていたら、病気になっても仕方ないかも。

副産物、ミール、粉、パウダーと表記されているドッグフードは

絶対に選ばないようにしましょう。

 

 

保存料にも注意

保存料の項目も注意してみてください。

  • ソルビン酸カリウム等の保存料
  • 赤102等の着色料
  • BHA等の酸化防止剤

このような保存料が、記載されていれば、

そのドッグフードは、選ばないようにしましょう。

化学添加物は、人間にもワンちゃんにも決して

良い物ではありません。

 

まとめ

これを知って、ドッグフードの原料表示を見てみると

非常に危険なフードが多いことをしりました。

 

やはり、価格が安いフードは、粗悪な原材料を使っている物が

ほとんどでした。当然と言えば当然ですが・・・

 

中には、プレミアム!と謳っていながらも原材料は肉類など

プレミアムでないものもありますので、しっかり原料表示を確認しましょう。

そう考えると、ナチュラルドッグフードや、カナガンと言ったものは

非常に安全な原料を使っていると言えるんでしょうね。

 

愛犬のためにも、原料をしっかりと見て、体に安全な

フードを選んであげましょうね!