皮膚病の犬にオススメの食べ物

ワンちゃんを飼っていると気になるのが健康管理。

そんな、犬で起こりやすい病気が「皮膚病」です。

かゆみ、抜け毛など、見ているだけで可哀想になりますよね。

今回は、そんな皮膚病のワンちゃんにオススメの食べ物を紹介します。

 



皮膚病の原因とは?

まず、ワンちゃんがなぜ皮膚病になると思います?

その原因は様々ですが、良く言われるのが

  • 皮膚に合わないシャンプーを使っている
  • 不潔にしている
  • ノミやダニ
  • 食べもの

と言われています。

不潔にしていることと、シャンプーは相反しますが、どちらも
やり過ぎは禁物です。

適度な回数で洗ってあげることが大事ですし、きつすぎる
シャンプーを使用するのも逆効果になります。

シャンプーなどは、何度か試しながら愛犬に合ったシャンプーを
選定してあげることが重要ですね。

 

食べものが原因の場合も・・・

意外に多いのが、食べ物が原因で皮膚病になってしまうこと。

体に合わないドッグフードが原因になることもあります。

コストが安いフードは、原料もかなり安い物を使っています。
何を使ってるかわからないと言った方がいいかもしれません。

また、長期保存できるように保存料が使われていたり。臭いを付けたり
色を付けたり、添加物もかなり多く含まれているものがあります。

他にも、ワンちゃんが苦手な穀物をメインにしている物もあります。
消化ができにくいため、アレルギーになる可能性も高くなるんです!

 

皮膚病のワンちゃんのドッグフードを選ぶなら

  • 無添加
  • 穀類不使用(グレインフリー)
  • 動物性タンパク質が豊富な物
  • ヒューマングレード

のフードを選んであげることをオススメします。

ドッグフードを変えることで、皮膚病が改善した飼い主も
非常に多いといわれています。

もしかしたらフードが原因かも?と思われるなら、愛犬に優しい
ドッグフードを選んであげてみてはどうですか?

 皮膚病のワンちゃんにおすすめのドッグフード

canaga

店頭販売を一切していない通販専用ドッグフード「カナガンドッグフード」

皮膚病でお悩みのワンちゃんにオススメのフードです。

新鮮な鶏肉をたっぷり使用し、穀物は不使用。

無添加でヒューマングレードの素材を使用しています。

野菜やハーブも配合されているのでヘルシーです。

⇒カナガンドッグフードの詳細はこちら

 

犬の膿皮症におすすめのドッグフード

今、愛犬の皮膚トラブルで悩んでる飼い主が多いようです。

犬の皮膚病で多いのが膿皮症。

そんな、膿皮症のワンちゃんにオススメのフードを

紹介してみようと思います。

 



犬の膿皮症

そもそも、膿皮症ってどんな病気なんでしょう?

膿皮症は、皮膚病の一つで細菌による感染性の皮膚病。

細菌が異常増殖することで、皮膚に湿疹や炎症を
引き起こしてしまう皮膚病です。

犬の膿皮症の原因としては、体の免疫力が低下した時に
従来なら問題のない細菌が異常に増殖してしまい、皮膚に
湿疹や炎症を引き起こしてしまいます。

皮膚に従来付着している黄色ブドウ球菌が増殖することで
膿皮症になってしまうようです。

また、膿皮症が進むと、悪性の細菌が出てきてしまうことも・・・

そうならないためにも、早めの改善が大切です。

では、ドッグフードの選び方を紹介します。

 

膿皮症を対策しよう!

膿皮症を対策するには、免疫力をアップさせましょう!

免疫力をアップさせるには、実は腸内環境が重要です。
腸内環境が悪いと、免疫力はダウンします。
人間と同じですよね。

腸内環境を整えるには、消化吸収のいい食材を使うこと、
ワンちゃんが苦手な食材を与えないことになります。

 

犬にとって消化吸収のいい食事とは?

犬は本来肉食動物です。動物性タンパク質が豊富なフードを選びましょう。
また、穀類は非常に苦手ですし、アレルギーの原因にもなります。
米、小麦、大豆、コーンなどの多いフードは止めておきましょう。

消化吸収の良いドッグフード

また、手作り感覚のフードもおすすめですよ

手作りみたいなフード、モグワンが凄い!

 

散歩など運動も大事です

フード選びも犬の免疫アップには欠かせませんが、
毎日の運動も非常に大事です。

毎日散歩することで、ワンちゃんの健康、免疫量アップはもちろん、
飼い主さんの健康促進にもつながりますよ。毎日少しでいいので
運動することは非常にいいですね。

 

シャンプーもしてあげましょう

シャンプーも大事です。
ただ、やり過ぎは、逆に皮膚にダメージを与える事もあるので要注意!

夏場は2週間に1回 冬場は1か月に1回が目安です。

毎日、ブラッシングするだけでも、全然違いますよ!

 

まとめ

皮膚病対策は、まずはワンちゃんの免疫力アップから。

急に皮膚に症状が出てきたら、犬の体調が悪くなぅてるかもしれません。

しっかりと様子を見てあげてくださいね!

 

犬の皮膚病にオススメのドッグフード

inuolk

最近とても増えている犬の病気。

それが、「皮膚病」なんです。

皮膚病は、「皮膚の赤味」「かゆみ」「抜け毛」などが起こります。

犬が皮膚病になる理由ってなんでしょう?

 

 



犬が皮膚病になる原因

ワンちゃんが皮膚病になる原因って色々あるんですが、

代表的な原因は、

  1. 不潔にしている
  2. ドッグフードが合わない
  3. ノミやダニなど
  4. シャンプーが合わない

などがあげられます。

いずれも、食べ物やノミやダニなどによるアレルギー

ほこりや花粉などによるアトピー性皮膚炎に分けられます。

まずは、原因を特定し、除去することが先決です。

 

犬の皮膚病対策

まずは、「何が原因で皮膚病になっているのか?」を

調べることが先決です。

獣医師にてアレルギー検査などもできますので確認してみましょう。

では、原因が特定した場合の対処法を紹介します。

 

シャンプーが原因の場合

シャンプーは天然素材の皮膚にやさしい物を使用しましょう。成分がきつい物は皮膚にダメージを与える可能性があります。シャンプーのやり過ぎもダメです。2週間に1回~3週間に1回程度が目安です。

 

ノミやダニが原因の場合

ノミやダニが原因の皮膚病の場合、動物病院で診てもらうのが早いです。間違ってもノミ用のキツイシャンプーなどを使わないようにしましょう。余計に皮膚病が酷くなる場合があります。動物病院では、飲み薬や、スプレーなどそのワンちゃん合った処方をしてくれます。

 

食べものの場合

犬の皮膚病で意外に多いのが「ドッグフード」などの食べ物。ドッグフードの中には、添加物が大量に入っていたり、4Dミートいう危険すぎる材料が使われていたり、犬が苦手な穀類がメインに使われていたりと、犬の健康を考えていないドッグフードがあります。残念なことですね。

このような食品を継続して食べていると、アレルギーになったり、体調が悪くなってしまうんです。良く考えれば当たり前のことですよね。

まずは、今使っているドッグフードを確認しておきましょう。

もし危険な材料が入っていたり、香料や保存料など添加物がたくさん入っていたならドッグフードの変更も考えてみてはどうですか?

 

皮膚病の犬にオススメのドッグフード

 1.ナチュラルドッグフード

ndf11

当サイト一押しなのがこのドッグフードです。

無添加、新鮮なラム肉、ヒューマングレードなどワンちゃんの健康を第一に

考え抜いて作られているドッグフードです。

非常に安心して与えることができるフードです。

button_008

 

2.モグワンドッグフード


moru

手作りフードを再現した話題の贅沢フード。

徹底した厳選レシピとヒューマングレード素材の融合。

これほど贅沢で安心できるフードはなかったかもしれません。

手作り食&栄養バランス&愛犬の健康を実現できるフードです!

mogubota

 

3.ネルソンズドッグフード


neruneru

イギリスのトップブリーダーが開発した

「穀物不使用」「人工添加物不使用」の安全を考慮した高品質ドッグフード。

穀物不使用なので、アレルギーのあるワンちゃんにはこちらがおすすめです。

栄養素もバランス良く配合されており、

成犬はもちろん子犬にも最適な小粒なフードです!

button_010

 

 

4.カナガンドッグフード

kanakanakan

店頭販売を一切していない通販専用ドッグフード「カナガン」です。

新鮮な鶏肉をたっぷり使用 犬が苦手な穀物は使用していません。

合成保存料や着色料も当然未使用です。

ラム肉が苦手なワンちゃんは、こちらがいいと思います。

野菜やハーブも配合されているのでヘルシーですよ。

button_009

 

犬の皮膚病に良いシャンプーは?

_DSC7062

 

皮膚病で困ってる飼い主の方も最近は多いようです。

そんな、皮膚病のわんちゃんに最適なシャンプーは?

 

 

 



犬の皮膚病とは?

そもそも、犬の皮膚病とは何なんでしょう?

犬の皮膚病は細分化すると何百種類もあるようです。

その中でも多いのが、細菌によるもの、アレルギー、寄生虫と

分けられるようです。

 

膿皮症

犬の皮膚病の中で最も多い皮膚病が、膿皮症です。

皮膚に存在する細菌が、免疫力が低下した時などに、異常繁殖し

炎症を起こしてしまう病気です。

強いかゆみや、赤い発疹ができます。

 

皮膚糸状菌症

真菌(カビ)が皮膚に侵入し増殖して発症します。

ふけの大量発生、円形脱毛などがある場合はこれを疑います。

 

ツメダニ症

ダニの一種のツメダニによる感染症。

分厚いふけが重なって、かさぶたのようになります。

 

アレルギー性皮膚炎

食べ物、ハウスダスト、ダニなど特定物質にアレルギー反応を起こします。

アレルギー検査などで特定して、排除するようにしましょう。

 

膿皮症の予防や対策は?

ワンチャンの中で多い皮膚病が膿皮症です。

膿皮症の治療の近道は、病院に行き、原因の細菌に合わせた

抗生物質の投与がまず第一ですね。

それと、薬用シャンプーによる洗浄です。

 

個人的には、なるべく薬での治療は避けてあげたいので、

薬はサブにして、シャンプーを使い、菌を繁殖させないようにします。

シャンプー自体も、強すぎる物を使うと逆効果の場合もあります。


このヨロチコシャンプーはおすすめ。

ヨロチコシャンプーは「ノンシリコン」「無添加」「無着色」「無香料」という

低刺激の4要素を実現しているので、皮膚の弱い愛犬にも安心して使えます。

 

免疫力を上げよう!

ワンチャンの皮膚病は根本的に改善するのが一番です。

まずは、免疫力の回復を意識してあげましょう。

免疫力が低下すると、菌も繁殖しやすくなります。

 

どうすれば、免疫力があがるのか?

これは、毎日の食事です。

実は、腸内環境のバランスが崩れると、免疫力が落ちたり、

体調が不調になったりするんです。

まずは、腸内環境を整えてあげましょう!

 

腸内環境を整えるには、消化吸収のいい食事が必要不可欠です。

胃腸に負担のかからない繊維質のもがオススメですよ。

⇒ 犬にとって消化吸収のいいフード

 

お散歩で免疫力を付けよう!

毎日のお散歩も大事です。

愛犬の健康維持、癌予防、免疫力向上など、運動はメリットがたくさんあります。

お散歩すると胃腸の働きも良くなるといわれています。

毎日、少しでもいいので運動して、健康維持しましょう。

 

シャンプーの頻度は?

シャンプーのやり過ぎは皮膚病を加速する場合があります。

夏場は2週間に1回 冬場は1か月に1回程度を目安にシャンプーしてあげましょう。

 

犬の皮膚病にオススメのシャンプー

ノルバサンシャンプー


膿皮症におすすめのシャンプーが、ノルバサンシャンプーです。

このノルバサンシャンプーは、アメリカの会社が開発した薬用シャンプー。

細菌を抑制する機能に優れ、コンディショナー成分も配合。

皮脂を過剰に落とし過ぎないシャンプーです。

ノルバサンシャンプー

 

マラセブシャンプー

マラセブシャンプーは、マラセチア皮膚炎にオススメのシャンプー。

皮膚病治療用薬品で、細菌とカビに効くシャンプーです。

マラセブシャンプー