犬の食ふんを止めさせるならこの方法です!

犬の「食ふん」ってご存知ですか?

「食ふん」って言葉の通り、
わんちゃんが自分のうんちを食べてしまうことです。

「食ふん」に悩んでいる飼い主の方は意外に多いようです。

“犬の食ふんを止めさせるならこの方法です!”の続きを読む

イヌの避妊・去勢はする方がいい?しない方がいい?

イヌの避妊・去勢手術ってした方がいいんでしょうか?

これには、賛否両論ありますよね。

どちらにもメリットやデメリットがあるんです。

 



犬の避妊&去勢の目的

ワンちゃんの避妊・去勢手術の目的ってなんだと思いますか?

 

実は、望まれない妊娠による不幸な動物を

増やさないために行われていた手術のようです。

 

しかし近年では「病気の予防」や「問題行動の抑制」

「発情期のストレスの防止」など、ワンちゃんの健康のために

行われることも多いようです。

 

病気予防になる

例えば、ワンちゃんは高齢に近付いてくると、子宮や前立腺の

病気になる確率が非常に高まります。

そのため、若いうちに避妊・去勢手術を行っていると、

これらの病気の対策にもなるわけです。

 

高齢になってからこれらの病気が発症すると、体力も衰えてしまい、

手術ができない場合もあります。

手術する場合は、若いうちにすることが推奨されています。

 

発情期の抑制効果

メスの発情期を抑える効果もあります。

メスは年に1~2回発情期があります。

発情期には生理(出血)があり、神経質で落ち着きがなくなります。

 

逆に、オスには発情期はありません。

オスは、発情中のメスの匂いに誘発されて発情するんですね。

オスが発情すると、落ち着きがなくなってしまうこともあります。

 

発情期に異性に会えなかったり

交尾ができなかったワンちゃんはひどいストレスを感じるそうです。

この発情期のストレスを軽減できるので、ワンちゃんにも

も飼い主さんにもメリットがあると言えます。

 

まとめ

ただ、手術になるので、体にメスを入れることになります。

また麻酔を使うので、それなりにリスクも出てきます。

私は、このリスクを愛犬に侵すのはできなかったので結果的に

手術はしないことにしました。

メリット・デメリットを考慮して、飼い主さんが判断するしかありませんね。

 

犬に好かれたい!犬に嫌われないための気を付けるべきポイント

inuo

なぜかワンちゃんにほえられたり、逃げられたり

そんな、ワンちゃんに嫌われないようにするには

どうしたらいいんでしょうか?

実は、嫌われるには嫌われる理由があるんです

 



犬に嫌われる人のポイント

ワンちゃんに好かれるには、嫌われないようにしないといけません。

では、犬が嫌う行動ってどんなものがあるんでしょうか?

 

犬を正面から見る

犬は正面から顔をジッと見られるのが苦手です。

また、正面から手を差し出すといった行動もNG

攻撃ととらえられる場合があるようです。

顔を見る場合は少し離れた場所から見てあげましょう。

 

素早い動き

犬は素早い動きをするものが苦手です。

虫などに反応するのもそのせいと言われています。

パッととびかかる、手でひらひらさせるなどの行動を嫌います。

ワンちゃんを安心させるように、ゆっくり動くようにしましょう。

 

声が大きい

声が大きいと犬はイラついたり、怖がったりします。

騒がしくせず、優しく話してあげてください。

 

上から撫でる

実は、ワンちゃんは上から撫でられるのがそんなに好きではありません。

上から手が来ると警戒してしまうんです。

下からあごを撫でてあげましょう。

 

まとめ

まずは、ワンちゃんの警戒を解くことが先決。

安心感を与え、優しく接してあげましょう。