危険なドッグフード

最悪なドッグフードとは?

2017/04/13


ドッグフードには絶対に買ってはいけないものがあります。

知っていましたか?

色んな種類があって、値段もピンからキリまでありますよね。
実際どれを買えばいいかわからない!
私もそんな中の一人でした。

今回は、そんな最悪なドッグフードを買わない方法を紹介します!

安すぎるドッグフードは危険!

最初は、値段が安いものを選んでしまったりしていましたが、
どうも愛犬の具合が悪い・・・

お医者さんに連れて行ってもどこも悪くなさそうだし、
でも、なんとなくしんどそう。

で、ネットでイロイロ調べてみると
ドッグフードでそんな症状が出ることがあるとか・・・

それなら!と、安心安全なドッグフードに変えてみました。

 

私のオススメするドッグフードとは?

 

買ってはいけないドッグフード

では、買ってはいけないドッグフードってどんなフードなんでしょう。

2007年にメラミン事件と言うドッグフードを食べたペットが
大量に死んでしまうと言う事件があったのはご存知ですか?

中国の会社が製造した小麦グルテンを含むウェットフードを食べ
腎不全を犯したペットが大量に亡くなった事件です。

これにはかなりの衝撃を受けました。

その後、メラミンのミルク事件なんかもありましたよね。

ほんと、食も安全ではないんです!

 

ドッグフードは人に与えるもののように厳しい検査などが無いため、
注意しないと、愛犬の健康を損ねてしまうこともあるんです。

中国産はできるだけ避ける方が賢明です。

また、材料に関しても何が入っているのかわからない、
または、ぼかして書いてあるようなものはやめましょう。

ドッグフードの裏面を見れば、何が入っているのかはすぐに分かりますので、
ドッグフードを購入する際は必ず裏面の成分表を見るように心がけましょう。

また、安いドッグフードも避けるべきです。

安く作られている=悪い素材を使っているこれは当然ですよね。

安いフードの中には、タダ当然の悪質な肉が使われていたりします、
4Dと呼ばれる食品不適格品があり、その肉が使われることも!!

 

4Dとは人間の食用として使用することを禁止された肉で

  • Dead(死んだ動物の肉)
  • Dying(死にかけていた動物の肉)
  • Disabled(身体の一部に障害のある動物の肉)
  • Diseased(病気の動物の肉)

の頭文字をとったもの。

 

こんなものが使われているなんて驚きませんか??

でも、100g5円のドッグフードを作ろうとすれば
このような肉を使わないとできないわけです。

当然、高いからと言ってよいフードとは限りませんが、
安すぎるフードは確実に愛犬の健康を害します。

私の愛犬のラッテがそうでしたから。

 

ラッテは、最初安いフードのせいかかなり機嫌が悪く、
お腹の調子も悪い状態が続いていました。

ある日、フードを替えてから、劇的に健康になり
今では、ご機嫌も良くお腹の調子も良くなってます。

あのフードを使い続けていたらどうなってたんだろう・・

そんな風に考えてしまいます。

 

末永く愛犬と一緒にいたいので、フードには
しっかり気を使っていこうと思います。

愛犬の健康が気になるようでしたら、
フードの変更を考えてみてはどうですか?

 

おすすめのドッグフードランキング!

 

-危険なドッグフード